このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルノブイリの経験を生かして悲劇を回避せよ:松本市長/医師・菅谷昭~東洋経済 2011.04

※〈上〉より 一部引用
信州大学での外科医としての職をなげうち、チェルノブイリ原子力発電所事故後のベラルーシに滞在。5年半もの間、原発事故で放出された放射能による甲状腺がんで苦しむ多くの子どもたちを治療し続けた菅谷昭・松本市長。その献身ぶりは「奇跡のメス」として、ベラルーシ国民から高く評価されている。
チェルノブイリの経験を生かして悲劇を回避せよ--松本市長/医師・菅谷昭《上》
チェルノブイリの経験を生かして悲劇を回避せよ--松本市長/医師・菅谷昭《下》
●すげのや昭 プロフィール(公式ホームページ)

外部被曝量の基準値で人体への安全性語るな

~3月下旬に開かれた内閣府の食品安全委員会に参考人として出席~
びっくりしたのは、これまで核災害時の食品汚染をどうするかという基準値がなかったこと。原発保有では世界第3位の国が、なぜ基準値を設けていなかったのか、非常に意外だった。
机の上で考える研究者というのは、どうしても現実味がないから甘い。…私は「子どもや妊産婦の命を守るためにも、基準は厳しいほうに置いたほうがいい」と言った。チェルノブイリでは、小児の甲状腺がん患者が急増したのは事故から5年後だ。
委員の中には「甲状腺がんはたちがいいがんだから、大したことはない」と言う人もいたので、思わず「ちょっと待ってください」と。…私がいなかったら、「甲状腺がんは大したことはない」で通ってしまったのではないか。
「CTスキャン1回分」などと例を挙げて言っているが、そんな基準と内部被曝を対比してはいけない。…内部被曝とはまったく違う。…いったん体内に入れば、細胞はつねに放射線を浴び続けることになる。だから、少量の内部被曝でも体内へ甚大な影響を与えることも起こりうるのだ。
チェルノブイリの経験を生かして悲劇を回避せよ--松本市長/医師・菅谷昭《上》
チェルノブイリの経験を生かして悲劇を回避せよ--松本市長/医師・菅谷昭《下》

●すげのや昭 プロフィール(公式ホームページ)